• TLEA大阪シオンの山教会

キリスト教入門1・聖書



「キリスト教入門」 1・聖書


Q・聖書はだれがかいたの?

Ⅱペテロ1:20~21

聖書預言はみな、人の私的解釈を施してはならない」・・・なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からの言葉を語ったのだからです。

聖書はBC1500年頃から、AD100年頃までの1500年以上に渡り、40人もの人の手のよって書かれました。記者は王、政治家、学者、羊飼い、漁師など身分職業も様々ですが、そのテーマや内容は一貫して一致しており、まるで一人の人が書いたかのようです。それはそれぞれの記者が聖霊に導かれて書いたからです。ですから、本当の聖書の著者は神です。聖書の言葉は全て(原本において)神の言葉なのです。


Q・聖書に書かれている事は本当のことなの?

聖書には、世界の始まりの事や終わりの事、海が分かれたり、イエス・キリストが処女から生まれるなど、信じられないような事がたくさん書いてあります。奇跡などは何かのたとえであると解釈する立場のひとたちもいますが、全て聖書に書かれている事は真実です。近年科学の発展により、より聖書の正しさが様々な方面から証明されつつあります。信じられないような、奇跡や癒しも、神を信じる人々の間で今の時代も起こっているのです。聖書はただの本ではありません。その言葉を信じる人には、生きて働く真実な神の言葉なのです。


Q・聖書には何が書いてあるの?

ヨハネ20:31

これらの事が書かれたのは、イエスが神の子であることを、あなたがたが信じるため、また。あなた方が信じて、イエスの名によっていのちを得るためである。

聖書は旧約聖書39巻には、世界の創生から人間の堕落、堕落した人間を救うために神は信仰者アブラハムの子孫、イスラエルの民を選び、ご自分の民とし律法を与えますが、律法を守れず、神を離れ戦争や飢餓など窮地に陥っていく。その時民は神に叫び助けを求め、そのたびに神は神に従うリーダーや預言者を通してイスラエルに救いを与えます。しかし何度救われても、また堕落していきます。イスラエルの歴史を通して、人間は決して自分の努力や力では救われない事が学べます。しかし、神はこの人類に対する救いの計画がありました。救い主(メシア)を通しての救いです。預言書を通して、人類を救う救い主(メシア)が現れ、人類に救いをもたらすことを伝えています。

イザヤ7:14

見よ。処女が身ごもっている。そして男の子を産み、その名を「インマヌエル」と名ずける。

イザヤ53:4~6

まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。・・主は、私たち全ての咎を彼に負わせた。

ゼカリヤ9:9

見よ。あなたの王があなたのところに来られる。この方は正しい方で、救いを賜り、・・・。

新約聖書は27巻で、旧約の預言の成就である、イエス・キリストの誕生、生涯、十字架の死。そしてキリストがこの世を去ったのちの弟子たちの活躍と、教会の誕生。キリストの福音が世界に広がっていく様子や、キリスト教の教え、世の終わりについて書かれています。

新約聖書では、律法を守る事では決して救われず、イエス・キリストを信じる信仰によって救われるという、信仰による救いについて書かれています。

旧新約聖書のテーマは、救い主メシアを知らせる事です。

聖書は世界の始まりから、終わりまで書かれており、また多くの預言や教えが書かれています。神から私たちへの長い手紙であり、メッセージなのです。

聖書は、神の愛のメッセージに満ちています。私たちが悩む時、慰めと励ましが与えられます。聖書を通して神が語り掛けてくださるのです。聖書をより理解するためには、全て通して読む事をお勧めします。最初は理解できない事も多いと思いますが、何度も読むうちに、理解が深まり、神からの語り掛けがわかってきます。聖書はよく霊のパンと言われます。私たちが毎日食事をしないと健康を維持できないように、クリスチャンである私たちは毎日霊の糧であるみ言葉、聖書を読む事によって、霊的に成長していきます。

毎日聖書を読みましょう。

0回の閲覧

​私たちの教会は、聖書をすべて神の言葉と信じるプロテスタントのキリスト教会です。モルモン教、エホバの証人、その他の新興宗教とは関係ありません。

The Light of Eternal Agape 大阪シオンの山教会

​主任牧師:イエス・キリスト 牧師:エステル毛内

〒543-0033 大阪府大阪市天王寺区堂ヶ芝1-11-16 桃陽ビル302 

Tel 080-5308-8754 FAX06-4305-4217

e-mail mtzionosaka@gmail.com

​「主の十字架クリスチャンセンターシオンの山大阪教会」から名前がかわりました。